家

設計段階の注意点

間取り図と模型

注文住宅は自分の意見で設計からデザインまでを企画することが可能なため、とても人気となっています。間取りにこだわる方は多いとされていますが、自分の生活スタイルに合った間取りでないと、せっかくの注文住宅での生活も味気ないものになってしまうので注意が必要です。まず、夏を涼しく過ごすために吹き抜けのスペースを用意する方が多くいます。吹き抜けがあると風がよく通るため、クーラーをつける必要がなく、電気代を節約することが可能です。しかし、冬になると風が突き抜けていくため、とても寒くなってしまいます。風の通りの問題は窓を閉めれば解決できますが、吹き抜けは暖房が効きにくくなるというデメリットがあります。温かい空気は上にたまるので、普段の生活を1階部分で過ごす方は大変です。そのような方はエアコンとともに床暖房も設置する必要があります。しかし、それだと電気代がかかってしまい、せっかく夏にクーラー代を節約できたことが無駄になってしまいます。このように、せっかくエコのために設置した吹き抜けも季節によっては、真逆のものになってしまうことがあるのです。注文住宅で間取りを考える際は、季節の変化によって室温や空気の流れも変化することを、視野に入れておく必要があります。注文住宅に限らず、新築住宅を造ったときは客間を間取りに入れる方が多いようです。しかし、実際にほとんど来客はなく、次第に物置部屋になってしまうという失敗談があります。注文住宅を建てた時期には家を見に様々な人が訪れるかもしれませんが、しばらくするとほとんどの方が生活に追われて、訪問してくれません。普段から来客の絶えない家庭ならいいですが、現時点でほとんど人が訪れないような家には、客間は必要ないのかもしれません。もし、客間の設置を頭に入れているときは、本当に必要なのかを考えることが大切になります。